プロの音楽家のアドリブ演奏を紐解く!アドリブってどんなもの?

プロの音楽家によるアドリブ演奏は、生演奏を聴く醍醐味のひとつです。観客の反応や音楽家の気分をその場で音に変えていく様子は、まるで魔法のようですね。音楽家たちがアドリブで掛け合いをしている姿をみると、音を使って会話を楽しんでいるようにも見えます。アドリブで曲が進行していくとき、プロの音楽家たちは自由に音を鳴らしながらも、音楽がきちんと成り立っているのはなぜなのでしょう?一体プロの音楽家は、アドリブ中にどういったことを考えながら演奏をしているのでしょうか。

アドリブ中はどんなことを考えてる?

複数の音楽家に聞いたところ、音楽に身をゆだね、インスピレーションのままに演奏しているようです。プロの音楽家たちは、どうして頭で考えなくてもその場で適切なフレーズを演奏できるのでしょうか?

「センス」の正体は音楽の知識や経験

頭で考えなくてもかっこいいフレーズがどんどん出てくるようになるには、コードやスケール、リズムなど、音楽の知識を学んでおくことが必要です。フレーズの形を決めるには、適切なコードやスケール、リズムを素早く判断しなくてはいけません。プロの音楽家たちは瞬時にそれらを判断しているので、考えている感覚もないのでしょう。また、アドリブのパターンが豊富な音楽家は、先人が残したフレーズを数多くコピーしています。これらのフレーズを自分のものにするほど記憶しておけば、「次はあのフレーズを使おう」と考える間もなく、舞台上でアウトプットができるようになります。さらに経験を積んだ音楽家になると、自分が弾いたことのないフレーズが演奏中に頭の中で鳴るようです。その場の音楽の流れに身を任せ、自分の状態をうまくコントロールすると、自然と新たなフレーズが生まれるそうです。

演奏した本人が、自分の演奏を後から聴いて「自分でもどうやって弾いてるのかわからない」といった偶然の産物になることもあるとか。

プロの音楽家たちは、アドリブの場面ではあれこれ考えず、無心で演奏しているということがわかりました。しかし、聴衆の心を打つアドリブができるようになるためには、コードやスケール、リズムの知識や多彩なフレーズの知識、そして無意識のうちにフレーズが降りてくるようになるだけの経験を積む必要があるようです。 プロの音楽家たちが今までの知識や経験を総動員して生まれる数々のアドリブ。この事実を知ると、アドリブ演奏が始まるともっと真剣に耳を傾けたくなり

出張ピアノレッスンならオトエイ音楽教室|プロの音楽家が教える本格出張レッスン♪お問い合わせ

メールフォームからのお問い合わせ

オトエイ音楽教室お問い合わせはこちらから

LINEでのお問い合わせ

@swg7988p

友達を追加する

LINEアプリが起動します

出張ピアノレッスンならオトエイ音楽教室|プロの音楽家が教える本格出張レッスン♪LINEQRコード
出張ピアノレッスンならオトエイ音楽教室|プロの音楽家が教える本格出張レッスン♪境界線

まずは話を聞いてみたい、 ご料金についてのお問い合わせ、 なんでも結構です。
お電話やメールでは気軽に聞けない些細なことも、 お送りください。
皆さまからのお問合せ、 心よりお待ちしております。